読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【祝(?)】2万ドル達成と今後の予想 -サムエル記Ⅱ‬ ‭17-

上初、NYダウ20000ドル達成。トランプの政策に関しては色々と言われてるけど、選挙中に掲げていたことをきちんと大統領になってからも実行しているのはスゴイと思うし、日本もそこは見習ってほしい。

最近日々の仕事で感じるのは、ただ批判するのではなく、それに対して対策をどうするか論じて実行する人は、支持されリーダーシップを発揮すると思う。

しかし、その対策の内容が、長期的な視野で考えられていて、Win-Winの関係が築かれているかどうかも大切な気がします。どちらかが"First"と考え一方的に行ったり、個人的な利益だけを考えたり、"壁"などを作って関係を閉ざしたりしてしまえば、その痛みや怒りや不利な立場は、後々全て振り返ってくると思っています。

今年の海外の動向に、目が離せません。

f:id:TakasJournaling:20170126020248j:plain

 

‭‭‭‭サムエル記Ⅱ‬ ‭17:14‬ ‭JLB‬‬

アブシャロム(選挙で大勝利して王の座を奪った王子)をはじめ人々はみな、「フシャイの意見のほうが、アヒトフェルの考えよりすぐれている」と思いました。実は、これはみな、アブシャロムを痛めつけようという、神様の意図によることでした。実際には、退けられたアヒトフェルの進言のほうが、ずっと上策だったのです。”

‭‭2 Samuel‬ ‭17:14‬ ‭NLT

“Then Absalom and all the men of Israel said, “Hushai’s advice is better than Ahithophel’s.” For the LORD had determined to defeat the counsel of Ahithophel, which really was the better plan, so that he could bring disaster on Absalom!”

‬‬勢いがあり「スゴイ」と思ってしまう策略で、実際に短期的に効果を発揮したとしても、結果として支持されなかった策略や、地道に練った今までの策略の方が実は上策な時ってありますよね。もしかするとアブシャロム王子は、人々からの熱い支持を得ている為に変な"実感"を感じて、それを基に行動してしまったのかもしれません。しかし、"実感"というものは、時にはもろいもので、正しい判断ができなくなってしまう恐れがあります。現代社会も、何か感覚としてわかる"実感"を一人ひとりが求めてるのではないでしょうか?

Jan 25th, 2017