読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のシステム/ サウル王の死 -サムエル記Ⅰ‬ ‭31-

YouTubeは2日坊主になってしまっていますが、ブログは今日で1週間!やった♪

ブログ書くのは楽しいですが、それ以上に読者が毎日10人くらいいるのは嬉しいです。

ありがとうございます!

 

今日の東京は、昨日までは快晴でしたが、なんと今年初の雨。

f:id:TakasJournaling:20170109012251p:plain

雨が全く降らないことによって、砂漠ができる。とても厳しい環境ができる。

雨がめっちゃ降ることによって、アマゾンができる。生命が溢れ出す。

雨が凍って降ることによって、雪になる。ウィンタースポーツが楽しめる。雪崩も起きる。

雨のシステムって、すごい!!

 

アインシュタインの言葉の中にこんな言葉がある。

「人生には2つの生き方しかない。1つはまるで奇跡など存在しないかのように生きること、そしてもう1つはすべてが奇跡であるかのように生きることだ」- アインシュタイン

今日、雨が降っていることって、奇跡かもしれない。

もっと、日常のこと全てに対して、感謝というか、奇跡を感じて生きていきたい。

ありがとう。でも、やっぱり私は晴れが好きです!

 

 

「今日のジャーナル」

‭‭サムエル記Ⅰ‬ ‭31:3-4‬ ‭JLB‬‬

“なお、射手たちはサウル王をねらい打ちにし、ついに致命傷を負わせました。 王は苦しい息の下から、よろい持ちの護衛兵に言いました。 「あの、神様を知らぬペリシテ人に捕らえられて恥辱を受けるより、いっそ、おまえの剣で殺してくれ。」 しかし、よろい持ちが恐れてためらっていると、王は自分の剣を取り、その切っ先の上にうつ伏せに倒れ、壮烈な最期を遂げてしまいました。”

 

サウル王は、ついに切腹して死んでしまいました。なんか、織田信長みたいですね。

サウル王、偽善者というのは分かるのですが、やはり死んでしまうと悲しいです。

今の時代も、まだ戦争が続いている国があります。日本も、10日後のトランプ大統領の就任後は、どうなるか分かりません。日本は、正しい選択をして欲しい。

 

サムエル記‬は、これでおしまい。

次回からは、サムエル記Ⅱ。

 

Jan. 8th, 2017‭