KYOTO in Jiyugaoka

私の職場がある自由が丘というおしゃれな街には、おしゃれなお店がたくさんある。

"Today's Special"という雑貨屋さんの3階に、おしゃれなカフェがある。前回来たときは、"Nagano"だったが、今回は"Kyoto"に変わっていた。具材はその土地の特産品を使っており、味付けも一流。さらに、お値段も1000円前後で楽しめるためお手頃。ぜひ、Tokyo, Jiyugaokaを訪れた際には、お昼やお茶の時間にでも、この素敵な空間にも足を運んでみてはいかがだろうか。

f:id:TakasJournaling:20170223020216j:plain TODAY'S SPECIAL KITCHEN 自由が丘

 

列王記Ⅰ‬ ‭6:23-28
“至聖所の中に、オリーブ材で作った二つのケルビムの像(天使を象徴する)を置きました。像の高さは五メートルで、外側に広げた翼は、それぞれ一方の壁に届き、内側に広げた翼は、至聖所の真ん中で触れ合うようになっていました。それぞれの翼は二メートル半で、どちらのケルビムも、一方の翼の先からもう一方の翼の先まで、五メートルありました。像はどちらも同じ寸法、同じ形で、共に純金をかぶせてありました。”

1 Kings‬ ‭6:23-28
“He made two cherubim of wild olive wood, each 15 feet tall, and placed them in the inner sanctuary. The wingspan of each of the cherubim was 15 feet, each wing being 71/2 feet long. The two cherubim were identical in shape and size; each was 15 feet tall. He placed them side by side in the inner sanctuary of the Temple. Their outspread wings reached from wall to wall, while their inner wings touched at the center of the room. He overlaid the two cherubim with gold.”

ソロモンは、王になってから4年後に神殿を設立。

日本にも、たくさんの神殿がある。その中でも、特に京都は格別。修学旅行以来、しっかりと歴史や遺産に触れていないため、大人になった今もう一度世界のKYOTOを訪れたいな。

Feb 22nd, 2017

すかいらーくの新しい株主優待&配当

約10年前の私の中学高校時代、アプリを見せるとバーミヤンのドリンクバイキングが52円になりました。他の料理を注文する必要はございません。学校帰り、特にテスト前は毎日ドリンクバイキングだけで5時間くらい居座っていました

その当時の青春時代から現在にかけて、長年お世話になっている「すかいらーく」。株主優待券でも有名らしいです。今回、すかいらーく株主優待券が去年のそれよりも3倍に拡充し、さらに配当金は最低でも4000円もらえて(1株当り40円)、なんと合計利回り6%以上!ということで、買うしかない!!と思い、この度「すかいらーく」の株を買ってみました。

詳しい株主優待券の情報は、下記表を参照↓

f:id:TakasJournaling:20170216022802p:plain

f:id:TakasJournaling:20170216022815p:plain

ちなみに、2017年2月15日(現在)の最低購入金額は160,400円です。
詳しい現在の株価とその動向は、下記グラフ参照↓

 


株主優待券が届いたら、家族や友達とご飯を美味しく楽しみたいと思います☆

f:id:TakasJournaling:20170216031458p:plain

 

列王記Ⅰ‬ ‭5:6‬
「どうか、この計画に力を貸してください。きこりをやり、レバノンの山から杉を切り出させてください。私の部下もいっしょに働かせましょう。そちらの労働者には、お望みどおりの賃金を払います。ご存じのように、イスラエルには、お国のような腕ききのきこりはいないのです。」

‭‭1 Kings‬ ‭5:6
“Therefore, please command that cedars from Lebanon be cut for me. Let my men work alongside yours, and I will pay your men whatever wages you ask. As you know, there is no one among us who can cut timber like you Sidonians!”

素晴らしいビジョンと知恵がある人間には、素晴らしい人や労働者を惹き付けます。自分に足りないところも、他の誰かがきっと補ってくれます。一人ではなく、仲間と。また、仲間だけでなくその仲間の仲間や知らない人とも、お互い影響しあって何か大きなことを成し遂げていきたい。

Feb 15th, 2017

どんな学者よりもまさる「知恵」と「関心」

どんな知識や経験、スキルがあっても、興味を示す心を持って行動する人には敵わない。しっかりとしたビジョンを持って、正しい価値観の元、何度も行動して挑戦して失敗を繰り返して、いつか世界一になるんだと思う。

「このスキルを身に付けたい!」とかよく聞くし、自分もそう考えてしまうけれど、まず「関心を抱くこと」が一番大切ですね。

f:id:TakasJournaling:20170213004842j:plain

列王記Ⅰ‬ ‭4:33‬
“また、動物、鳥、蛇、魚、それに、大はレバノン杉から、小は石垣の割れ目に生えるヒソプに至る植物に関心を示す、博物学者でした。”

‭‭1 Kings‬ ‭4:33‭‭
“He could speak with authority about all kinds of plants, from the great cedar of Lebanon to the tiny hyssop that grows from cracks in a wall. He could also speak about animals, birds, small creatures, and fish.”

Feb 12th, 2017

政略結婚

日本も韓国もドラマでは政略結婚だらけ。黒い部分が描かれています。

昨日は、友達のバチェラー・パーティー(Bachelor party)。その男は、とても幸せそうでした。

色んな結婚の背景が世の中にはあるけど、結婚する当の本人達には、幸せになって欲しい。2人が1つになる最高の瞬間でもあるから、応援したいし、その家庭が子々孫々と続くことを願います。

 

f:id:TakasJournaling:20170212010741p:plain

 

‭‭列王記Ⅰ‬ ‭3:1, 13‬

“ソロモン王はエジプト王と同盟を結び、その娘と結婚しました。彼女をエルサレムに連れて来て、宮殿と神殿と町の城壁を建て終わるまで、ダビデの町に住まわせました。また、望まなかった財産と名誉も授けよう。おまえが生きている間、財産と名声でおまえにかなう者は、だれもいないだろう。”

‭‭1 Kings‬ ‭3:1, 13‬

“Solomon made an alliance with Pharaoh, the king of Egypt, and married one of his daughters. He brought her to live in the City of David until he could finish building his palace and the Temple of the LORD and the wall around the city.

And I will also give you what you did not ask for—riches and fame! No other king in all the world will be compared to you for the rest of your life!”

 

Feb 11th, 2017

f:id:TakasJournaling:20170212011633j:plain

想像力と創造力 ~Imagination and Creativity~

高校の頃からつるんでいる友人が、”そうぞう力”には2つあると言っていました。彼は、フリーで翻訳をしているのだが、常に新しいアイディアや考え方が求められるらしい。そんな中で必要となるのが、イマジネーションとクリエーション、つまり想像力と創造力の2つの”そうぞう力”を発揮することが大切だとか。これは、社会で何かをするときに、一つのキーとしての考えとして、どの分野でも役に立ちそう。そして、これから人工知能の発達で、数字を扱う作業や既存の仕事のほとんどはロボットが行う時代になるので、この"そうぞう"力はこれからもっと必要になると思っています。

私自身も、今月新しい道に進む決意が決まり、もがきながらも動き出しています。全く新しい分野で活躍するために、日々、悩んだり苦しんだり、不安になったりします。そんな中で、将来のビジョンを考えたり、人と話をしたり相談したりする時、「これからどうするのか」という問いに対して、2つの"想像力と創造力"について、もっと色々掘り下げていきたい。

また、たくさん"そうぞう"する中で、全部を叶えることはできません。「とりあえず、やってみる」スタイルは好きだし大切ですが、もっと深く考え、取捨選択をしながら想像と創造を繰り返していきたいです。

f:id:TakasJournaling:20170209020510j:plain

列王記Ⅰ‬ ‭2:46‬

“ベナヤは王の命令で、シムイを連れ出して殺しました。こうして、ソロモンの支配は不動のものとなったのです。”

1 Kings‬ ‭2:46‬

“Then, at the king’s command, Benaiah son of Jehoiada took Shimei outside and killed him. So the kingdom was now firmly in Solomon’s grip.”

‭‭ ‭王となったソロモンも、大きなビジョンを掲げ、様々な重要な取捨選択を行って国を治めました。自分の中のいらないものや、外部環境で不必要なものに対して、「もったいない」って思ったり、周りの人から色々言われたりするけど、しっかり選んで進んでいこう!

Feb 8th, 2017

いまじなっすよーー〜ん

新しいリーダー達の誕生

千代田区長選:小池氏支援の現職が勝利。

大企業も最近トップがやめたり変わったりしているし、これからヨーロッパもリーダーが変わっていく。2017年も、すでに1ヶ月が経過してるけど、これからも変化の一年になるだろうし、何か新しいリーダーシップが求められる時代になっていくかも。

新しい事に柔軟に対応できる力と知恵を、今以上に身につけていこう!

f:id:TakasJournaling:20170206005345j:plain

“ソロモンが戻りしだい、新しい王として王座につけよう。 わしはソロモンを、イスラエルとユダの王に任命する。”

‭‭列王記Ⅰ‬ ‭1:35

“Then escort him back here, and he will sit on my throne. He will succeed me as king, for I have appointed him to be ruler over Israel and Judah.”

‭‭1 Kings‬ ‭1:35

 

ダビデ王の次は、アドニヤが王になると国民は思っていました。

しかし、ダビデは新しい王として、ソロモンを王様に任命しました。ダビデを超える王になるのか、これから読み進めていくのが楽しみです。 

Feb 6th, 2017

決断の時 ‭‭-サムエル記Ⅱ ‬‭24-

1. 次のステージに行く
2. 今のステージで頑張る
3. 現状をもう少し見つめる

3択なら、多すぎず、少なすぎず、選びやすい。決めていこう!

f:id:TakasJournaling:20170202022545j:plain

 

‭‭サムエル記Ⅱ‬ ‭24:12‬ 

ダビデに告げよ。私が示す三つのうち一つを選べとな。」

‭‭2 Samuel‬ ‭24:12‬

"Go and say to David, This is what the LORD says: I will give you three choices. Choose one of these punishments, and I will inflict it on you.”

Feb, 1st 2017